面白

さんまが苦言「菊地亜美みたいに何も笑いの勉強してない奴が批評したらあかん」

10月15日に明石家さんま(61)が、自身のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)で“お笑い芸人批評”について持論を語り話題となっている。
番組ではタレントの菊地亜美(26)が、『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ系)に審査員として出演した際に、お笑いコンビ「フルーツポンチ」の村上健志(35)に対して「ふだんは面白くなかったけど、今日は面白かった」と発言したところ、村上から4年間無視されたというエピソードを伝えた。
そのエピソードについてさんまは「人の批評はしたらあかん」と持論を展開。「村上の気持ち、俺たちは分かるよね」と切り出し、「一生懸命考えたネタを、何も笑いの勉強してない菊地亜美が“ふだんは面白くないですけど、今は良かったですね”って。“普段面白くない”、すごいショックやろうね」と4年の間、菊地を無視したという村上を擁護した。さらにさんまは、「もしアイドルが俺のこと批評したら、たぶん頭蓋骨つかむよ」「“おのれ、どれくらいの人間やねん”って」とコメントした。

http://dailynewsonline.jp/article/1214165/


料理人以外は食い物の味を感じない理論


一人でやる分にはええんちゃう
テレビで素人が「この店は普段不味いけどこれは美味しかった」言うたらそら呆れられますわ

続きを読む

【悲報】石橋貴明「みなおか最終回を長時間やりたかったが、数字が取れないからやめてと言われた」

「みなおか」最終回に自虐!5時間半やろうとしたら「もう数字が取れないからやめてくれって…」


お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明(56)が21日、きょう発売のフジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」
(木曜後9・00)のDVD「とんねるずのみなさんのおかげでBOX」店頭表敬訪問のため、SHIBUYA TSUTAYAを訪れた。
「みなおか」は1988年に「とんねるずのみなさんのおかげです」としてレギュラー放送がスタート。あす22日に30年の歴史に幕を下ろす。
「ダーイシ」こと、石田弘番組エグゼクティブプロデューサーに扮して登場した石橋は「ただただ寂しい。30年、毎週のように木金はフジテレビに行っていたので」と心境を吐露した。
同じく今月で終了する同局の「めちゃ×2イケてるッ!」の最終回は5時間と長時間に渡るが「みなおか」は通常と変らない時間帯に放送される。
石橋は「『めちゃイケ』みたいに5時間半くらいやればよかった」と後悔しつつも「もう数字が取れないからやめてくれって…」と自虐して笑わせた。
「みなおか」は人気キャラクターや名物コーナーを送り出し、番組から生まれたユニットがNHK紅白歌合戦に出場するなど、局の枠を超えてブームをつくり、90年代には平均視聴率20%を超える人気番組となった。
きょう発売のDVDでは宮沢りえ、観月ありさ、中森明菜、チェッカーズなどがゲスト出演した「おかげさまです」時代からのコントや、「おかげでした」の名物コーナーなどが収録されている。
石橋は「明日で終了してしまうので、ぜひDVDつくってほしいという声があった。今回はボリューム1ですが、将来的には3年後にパート2、2年後にパート3、10年後くらいになぜ『みなおか』が出来たのか、スターウォーズみたいにずっとやっていこうと」と継続的なリリースに意欲を示した。
3/21(水) 10:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00000094-spnannex-ent
写真


ですよね


落とし穴は面白かったのにな
数字取れないんだね


めちゃイケが数字が取れるとでも?

続きを読む

【視聴者驚愕】みやぞん、「はじめてのおつかい」で予想外の行動に出るwwwwwwwww

みやぞん「はじめてのおつかい」でヘリ使う 予想外の展開に視聴者驚き
お笑いコンビ・ANZEN漫才のみやぞんが、6日放送の日本テレビ系バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ! GWシャッフル3時間SP」(毎週日曜よる19時~)に出演。予想外の展開で視聴者を驚かせた。
6日の放送では、普段担当しているコーナーをシャッフルするという企画が実施され、みやぞんは出川哲朗が担当している「はじめてのおつかい」に挑戦した。「はじめてのおつかい」は英語圏の街で、スタッフに頼らず、自分で英語で人々に聞き込みをしながらミッションを遂行するというもの。今回みやぞんに課されたお題は3つ。そのうちの1つはかつて出川も挑戦した、アメリカ・ニューヨークで「自由の女神をリポートせよ」というものだった。
自由の女神は英語で「Statue of Liberty(スタチューオブリバティー)」だが、英語の分からないみやぞんは「ゴーイングトゥ フリーコンクリート?」「プラスチックレディ」「ビッグフリーセメントレディー」と必死に単語を絞り出し、街行く人に質問。アメリカのシンボルであることや、左手を挙げていることなど自由の女神の特徴を伝え、なんとか行き方を聞き出すことに成功した。

みやぞん「はじめてのおつかい」でヘリ使う
その後、順調に地下鉄を乗り継ぎ、目的地まで足を進めたみやぞん。自由の女神の近くまでいくには「フェリー」に乗ることが必要だと聞き出したが、みやぞんは「フェリー」を「ヘリ」と聞き間違えてしまう。しかし、奇跡的に近くにはヘリポートがあり、間違っていることなど知る由も無いみやぞんはそこからヘリに乗り込み、上空から自由の女神をリポート。見事ミッションを成功させた。
その他にも、みやぞんはその他の「海苔巻き専門店で海苔巻きを食べろ」や「ブルックリン植物園で桜をリポートせよ」などのミッションもつたない英語を使いながら見事クリアした。
みやぞんの予想外の展開に視聴者驚き
ネット上では「はじめてのおつかいでヘリ使うとかビビる!」「ヘリで自由の女神リポートするとか、ある意味凄い(笑)」「みやぞんイングリッシュ面白すぎる!」「みやぞんある意味天才だよなー」「ヘリで行くとか予想外過ぎてww」「みやぞん本当に天然過ぎて面白い」「みやぞんのはじめてのおつかいで爆笑した」などの声が上がり、話題となった。(modelpress編集部)

https://mdpr.jp/news/detail/1764807


まだ飽きられていないのか


これとTOKIOの農業のやつは関東人しか見てないイメージ


みやぞんはあざとすぎて無理だ

続きを読む