中国

「石油」とかいう謎すぎる物質wwwwwwww

世界はこんなよく訳の分からん液体に
政治経済が振り回されてるのかと思うと怖E


牛乳やジュースより安い
5 :2017/03/02(木)22:44:48
アラブの石油王とか、国民の暮らし見てると
こいつらアラブに生まれたという時点で
宝くじ当てた様なもんやなと思う・・

続きを読む

上海を訪れた高校生5人「中国の負の側面ばかり見ていた。現実は東京並みかそれ以上」

上海で刺激受けた5人の高校生「中国人は革新的」「街にエネルギー」
中国人学生の案内で上海理工大学のキャンパスを歩く研修の参加者ら(3月29日、河崎真澄撮影)
産経新聞社が主催する第50回産経「高校生文化大賞」(森ビル、ナショナル・ベンディング、DICグラフィックス協賛)で最優秀賞と優秀賞を獲得した日本の高校生5人が
3月末から5日間、研修として中国上海市を訪れた。5人は「経済が成長しきったのに、それでもまだ発展してるって感じ」などと、初めて訪れた中国の姿に驚きを隠さなかった。
学習院女子高等科に通う東京都の岩崎菜々さんは、「私の未来は、なに色?」と題した作文で、家族内での自分の心の葛藤と、それを乗り越えた日のことを率直に描写し、優秀賞に選ばれた。
岩崎さんは上海の街を闊歩(かっぽ)する人の波を見て、「日本人は保守的で、中国人は革新的なんだって思いました」と話した。良くも悪くもエネルギッシュで、過去のしがらみにとらわれそうもない中国人の未来志向を肌で感じたようだ。
他の4人の日本人高校生とともに訪問した上海理工大学の日本文化交流センターでは、中国人大学生と水餃子を皮から作り、学食でおかずも買って一緒に食べた。
日本語を流暢(りゅうちょう)に話す学生との触れ合いで、岩崎さんは「大学に入ったら私も海外に留学したい」と考え始めた。将来は心理学を勉強して、臨床心理士を目指すという。
ぎこちない手つきで水餃子を作った最優秀賞の京都府立鴨沂(おうき)高校、村田大知君は「色彩にみちた世界は美しい」と作文に書き、千利休のぼだい寺として知られる京都の聚光院(じゅこういん)に小僧として住み込んでいる自分の姿をつづった。
自分の目で中国の「今」を確かめた村田君は、「先入観で貧しい国だと思っていた。負の側面ばかり見ていた」と少し反省した。「街も人も東京並みか、それ以上だ」と言った。京都の伝統を愛する気持ちから、「中国の古都も訪ねてみたい」と思い始めた。


続き
5人の高校生たちは上海日本人学校の高等部も訪れた。世界に90校近くある日本人学校の中で唯一、上海にだけ高等部がある。約120人の生徒が通う。
その中の5人が、日本から来た5人にシェア自転車などスマホ文化の便利さ、大気汚染の現状、簡単な中国語の使い方など、上海生活のあれこれを教えてくれた。そして10人で地下鉄に乗り、2年前に開園した「上海ディズニーランド」を訪れた。
鹿児島県立伊集院高校の中村楓花(ふうか)さんは、「ディズニーランドも楽しかったけど、日本を離れて上海に来て頑張っている高校生からすごく刺激を受けた」と笑顔を見せた。
「ほんとは来る前はスリとかヤバそうって思ってたけど、来てみてあっ、これは(中国で)生きていけるって思った」といった。
中村さんは福岡の大学に進学する。同じ高校のハール美咲さんも、「上海に来てみて、海外に留学したいと感じた」という。ハールさんは国際看護師になるのが夢だ。
上海は中国最大の経済商業都市。その国際金融センターにそびえる「上海環球金融中心(SWFC)」は、日本の森ビルが2008年に建設した地上101階建ての超高層ビルだ。

http://www.sankei.com/smp/world/news/180408/wor1804080001-s1.html


いっぱい空気吸ってこい


上海だけ見てそれ言ってるなら今度は正の部分しか見てないだけじゃね?


ごもっとも、上海も広くて色々な場所があってごちゃごちゃしてるのに、中心のビルしか見てこなかったのかね?


これw


ド正論

続きを読む

もはや技術大国、中国で時速4000km高速飛行列車の研究開始wwwwwww


中国の高速列車「復興号」(写真:時事通信フォト)
https://parts.news-postseven.com/picture/2017/09/jiji_china_tetsudo.jpg
8月下旬、中国で開かれた展示会で驚きの発表があった。宇宙開発企業「中国航天科工集団公司」が、最大時速4000キロに達する「高速飛行列車」の実現に向けた研究を始めていると発表したのだ。現在、日本が開発するリニアモーターカーは最高時速600キロであり、時速4000キロは飛行機の4倍という未知のスピードだ。
中国の高速鉄道といえば、2011年7月に死者40人、負傷者約200人を出した浙江省温州市の脱線事故が記憶に残る。しかも事故翌日に車両を地面に埋めて事故隠しをした経緯もあり、「中国に高速鉄道の開発は無理だ」と感じさせた。
だが、今もそう思っているのは日本人だけかもしれない。『経済界』編集局長の関慎夫氏が指摘する。
「『高速飛行列車』は空気抵抗のない真空チューブ内をリニアモーターカーが走る『真空リニア』という特殊な方式が採用されています。米国なども開発を進めているのですが、中国はすでに200以上の特許を取得し、国内外で20を超える開発研究機構との共同開発プロジェクトを進行させている。実現が難しい技術ですが、中国がこの分野のトップランナーであることは間違いないでしょう」
かつては中国の技術を見下していた欧米の見方も変わりつつある。英紙『デイリーメール』は「高速飛行列車」を華々しく紹介、唯一の懸念として「中に乗っている人間はその超高速に耐えられるのだろうか」と付け加えた。
“日本のお家芸”とされる技術が、いつの間にか中国に追い越されていた例は他にもある。中国製ロケットの打ち上げ成功率は、1990年以降でみると94.5%に達する。これは日本(91.4%)や米国(94.4%)を上回り、宇宙開発の先駆者であるロシア(95.2%)に迫る数字だ。
航空産業でも、三菱航空機の「MRJ」が度重なるトラブルで納期を延長している間に、中国産の「C919」が試験飛行を開始。すでに570機の受注を決めてMRJ(447機)を抜き去った。
スーパーコンピューターの性能を競うランキング(2017年)では、中国製が1位と2位に輝く一方、日本製は7位と8位。民主党政権時代、事業仕分けで蓮舫氏が「2位じゃダメなんですか」と言い放ってから8年で、差はここまで開いてしまった。
科学技術を発展させるための研究開発分野でも中国がリードを広げつつある。文科省所管の科学技術振興機構の調査では、「コンピューター科学・数学」「化学」「材料科学」「工学」の4分野における論文で中国が世界一で、日本はいずれもトップ3に入らない。論文の“質”を示す被引用件数でも中国は世界2位で(1位は米国)、日本は10位だ。
英国の教育専門誌が選ぶ世界大学ランキングの2016~2017年度版でも、中国の清華大学は24位で東アジアのトップだったが、東大は34位だった。「技術大国」の名誉は中国に奪われつつある。
https://www.news-postseven.com/archives/20170927_616059.html?PAGE=1#container


空飛びそうだな


速く逝ける

続きを読む

中国人「日本人は喜んで日本製の軽自動車買ってる。我々には真似出来ない」

●.net
日本でももちろん中国のように車が社会的ステータスを示す側面はあるが、実際はステータス性よりも実用性を重視する人の方が多いであろう。中国メディアの今日頭条は6日、「日本の市場で売れている自動車を知ると、中国人は赤面してしまう」と論じる記事を掲載した。
記事は中国人にとって日系車は「耐久性があり、丈夫で故障しづらく、低燃費であるゆえ高く評価されている」と紹介しつつ、「日本の自動車市場でどのような車が人気を集め、売れ行きが好調なのか」を知ることは、中国人消費者にとっても今後の車選びで参考になるかもしれないと指摘。だが、実際に2017年に日本で販売された自動車のうち、販売台数が多かった車を見てみると「中国人消費者が好む車とはあまりに違いすぎて参考にならない」ことを伝えた。
たとえば、日本の自動車販売台数ランキングで上位を占めているのはいずれも日本メーカーの車であり、この点は中国とは大違いだと指摘。中国の自動車市場では販売台数ランキングの上位に海外メーカーの名前がずらっと並んでいるのが現状で、国産車である中国車は「メンツが立たない」とみなされる傾向があることと真逆であると指摘した。
さらに、
日本でも海外の高級車は好まれているが、国産車の売れ行きが上回っているということは日本では「自国メーカーの技術が国外メーカーに劣っていないこと」を示すと指摘したほか、日本の販売台数上位はコンパクトカーが複数ランクインしていることも挙げ、「日本人は自国の製品を好んで購入し、しかも、中国人のようにメンツで車選びをしていない」と強調、こうした姿勢を目の当たりにした中国人は、「あまりの違いに恥ずかしさを感じてしまう」と論じた。
多くの中国人にとって自動車はまだ安い買い物ではない。いくら愛国心が強く、中国車を購入したいという気持ちがあったとしても、苦労して働いて購入する車は価格や性能を吟味し外車を選ばざるをえないというジレンマも存在するのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

http://news.searchina.net/id/1655042?page=1


日本でも貧乏人しか買ってないよ、事故ったら即死だし


大型トラック乗ってたって死ぬ時は死ぬさ
それならいっそバイクだな
リスクは車より高くなるが、転んだら怪我する確率が高いのは、自転車だってそうだ


見識の狭さよ

続きを読む

中国の若者「日本人は初任給40万円で驚くのか。日本企業の給料は安いね(笑)」


中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の日本法人が40万円の初任給で新卒者を募集していたニュースが中国で報道された。
日本人は日本企業の倍の初任給に驚かされるが、中国では逆に「日本企業の給料は低いね」といぶかる見方も出ている。
日本では文系、理系にかかわらず初任給はほぼ同じだが、中国では技術者の高給が当たり前だからだ。
中国流の理系学生の高給採用が根づけば理科離れがいわれる日本も変わるのだろうか…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO20817820W7A900C1000000/


日本の新卒の手取りなんか16万ありゃ良いそうだな


そらファーウェイならそうなるだろ

続きを読む

【朗報】中国、日本人の優秀な人材を高待遇で引き抜くwwwwww

【朗報】中国「日本人の優秀な人材を年2000万~3000万円で雇おう」父さんありがとう・・・


中国企業が優秀人材の引き抜き加速、日本が格好のターゲットに、あまりの高給に日本人が驚き―台湾メディア
2017年8月30日、台湾メディア・中時電子報は経済成長を続ける中国でサラリーマンの給与水準が日本を超えたと伝えた。
組織・人事コンサルティング会社のマーサ-が125カ国を対象に行った調査によると、部長クラスの年収は中国とシンガポールが2300万~2400万円なのに対し、日本は2000万円未満にとどまっている。ポストが上がるほどその差は広がるという。
その背景には、中国は積極的な成長段階であり、また転職が一般的なことから、企業が高い給料で優秀な人材を引き止めていることがある。
給与水準が逆転したことで、中国企業にとって日本は人材発掘の格好のターゲットになっている。日本の大手電子機器メーカーから上海の半導体企業に転職した日本人は、「海外に転職すれば年収が2000万~3000万円になるケースは少なくない。もとの年収の3倍に増える場合もある」と話した。

https://www.google.co.jp/amp/s/a.excite.co.jp/News/chn_soc/20170902/Recordchina_20170902039.amp.html


技術抜かれてポイやろ


金もくれず魂ポイされるよりマシやん


何もくれずポイする日本よりはマシやろ

続きを読む

中国人「なぜ中国では交通事故死者が10万人以上なのに日本は4117人なんだ?人口比率でも少ない!」


なぜ日本は交通事故による死亡者が少ないのか、その理由について分析する記事が掲載された。
記事は、15年の日本の交通事故による死亡者数は4117人で、1億2000万人の人口からすると非常に少ないと指摘。
一方の中国は13億人の人口とはいえ15年には10万人以上が交通事故で死亡しているという。
日本で交通事故による死亡者数が少ない理由の1つとして、記事は「秩序正しさ」を挙げた。例えば、日本では車道と歩道が完全に分離しており、自転車も自転車専用道を走るため、中国のように人も車も自転車もごっちゃになる現象がないと指摘した。
また、日本では歩行者の信号無視がないことも関係しているという。中国では交通事故の50%以上が交差点で発生しているが、信号無視が原因の事故が非常に多いとした。
別の理由として「ドライバーの交通法規順守の意識の高さ」があるという。制限速度を守り、信号のない交差点では減速して
よく確認してから通過すると指摘。道を曲がる時も、猛スピードで曲がることはせず、歩行者が横断するのを辛抱強く待っているので、事故が少ないのだと論じた。
中国のネットユーザー
「ドライバーだけの責任にはできない。多くの事故は歩行者や自転車の交通ルール無視が原因だ」という主張や、「交通事故の死亡者数が年間9万人とすると1日200人。つまり毎日飛行機が1機墜落しているようなもの」というコメントもあった。
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170919/Recordchina_20170919001.html


日本は軽自動車が圧倒的に多いからよ。
ぶつかっても、せいぜい打撲や捻挫ですから。


はぁ?な訳ねーだろ


そんなことはない。


ちょっと当たってこいww

続きを読む

中国がサッカー選手の移籍に出した金額がヤバすぎるwwwwwww

【サッカー】< オーバメヤン超えの95億円!> “アフリカ人史上最高額”でコンゴ代表FWバカンプが中国移籍!


中国スーパーリーグの北京国安が1日、ビジャレアルと契約解除した26歳のコンゴ代表FWセドリック・バカンブを獲得したと正式に発表した。
バカンブは1月17日、ビジャレアルとの契約を解消した後に北京国安へ移籍することで合意している。しかし、1ヶ月以上経ってもなお北京国安から正式な獲得発表はなかった。
英メディア『BBC』によると、北京国安はバカンブをフリーで獲得したため中国サッカー協会が定めた「関税100%ルール」に従う必要はないと考えていたが、中国サッカー協会から了承を得ることが出来ず選手登録が滞っていたという。ビジャレアル側には移籍金ではなく契約解除金という形で支払い、「関税100%ルール」を逃れる術を講じていたようだ。しかし、最終的に北京国安は関税100%支払うことに合意し、今回の正式発表に至った。
「関税100%ルール」とは、一定以上の金額で外国人選手を獲得した際には、その移籍金と同額を中国サッカー協会に収めなければならないというもの。結果的に
北京国安はバカンブを獲得するにあたって総額6500万ポンド(約95億円)投じることになった。
冬の移籍市場でドルトムントからアーセナルに移籍したガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの5600万ポンド(約82億円)を超えて、アフリカ人市場最高額で移籍することになったという。また、2016年12月にチェルシーから上海上港に移籍したブラジル代表MFオスカルの5400万ポンド(約81億円)も超え、中国のサッカー史上最高額で取引が成立した。
3/2(金) 7:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180302-00258643-footballc-socc
セドリック・バカンブ
(Cédric Bakambu, 1991年4月11日 – )は、フランス・イル=ド=フランス地域圏ヴィトリー=シュル=セーヌ出身のサッカー選手。北京中赫国安足球倶楽部所属。ポジションはフォワード。

経歴
2006年にFCソショーの下部組織に入団する。2010年4月7日、ACアルル=アヴィニョン戦でプロデビューを果たした。2014年9月1日、スュペル・リグのブルサスポルに移籍した。
代表歴
フランス代表のアンダー世代として2010年自国開催のUEFA U-19欧州選手権では優勝した。また2011 FIFA U-20ワールドカップメンバーにも選ばれた。2015年3月、A代表においてはコンゴ民主共和国代表でプレーすることを表明した[2]。2016年3月26日にはアフリカネイションズカップ2017予選で代表初ゴールを記録した。
所属クラブ
フランスの旗 FCソショー 2010-2014
トルコの旗 ブルサスポル 2014-2015
スペインの旗 ビジャレアルCF 2015-2018
中華人民共和国の旗 北京中赫国安足球倶楽部 2018-
セドリック・バカンブ – Wikipedia


コンゴの活躍に期待する。


ワロタ


日本人選手もみんな中国にいけばいいじゃん、めっちゃ貰えるやん


すげー移籍金だな

続きを読む

日本で一番楽しいと外国人に人気の店wwwwwww

ドンキホーテホールディングスの店舗に韓国人や中国人、ロシア人など訪日外国人客(インバウンド)が大挙して訪れている。迷路のような店内や幅広い品ぞろえが人気を呼び、交流サイト(SNS)を通じて口コミが拡散している。2017年7~12月期の訪日客向け売り上げを示す免税売上高は前年同期比55%増の251億円と、半期で高島屋や大丸松坂屋百貨店(いずれも200億円強)をしのぐ規模にまで拡大した。時価総額が1…

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27148630Q8A220C1000000/


売ってる商品はほとんど中国製じゃね?


とはいえ日本の企業のものだから品質検査や保証は日本のものだから問題ないかと
それよりもいうほど安くないのが痛い

続きを読む