下手

ダルビッシュ、ツイッターで胸中綴る「下手くそなだけ(笑)」

カブスのダルビッシュ有が、開幕から3試合に登板して0勝1敗、防御率6.00と、新天地で苦しいスタートとなっている理由について
「下手くそなだけ」と自身のツイッターで明かしている。

ダルビッシュは3月31日(日本時間1日)の敵地マーリンズ戦は4回1/3を5安打5失点で勝ち負けつかず。7日(同8日)の敵地ブルワーズ戦は
6回2安打1失点9奪三振と好投したが援護に恵まれず、13日(同14日)の本拠地ブレーブス戦は5回に不可解なボーク判定から崩れ、4回2/3で9安打4失点4四球4奪三振で初黒星を喫した。
新天地でまだ白星に恵まれていないが、自身のツイッターで「精神面の弱さ」を指摘する米メディアの声を紹介した一部報道について
「人は結果が出ないとよく精神面に持って行きたがります」と言及。そして「トミージョンの後は技術が戻らない部分や身体的な課題が多すぎて
クリアするのに時間がかかっているだけ。要するに下手くそなだけ(笑)」と綴った。
右肘靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)後のリハビリを乗り越え、2016年5月に復帰した右腕だが、技術を戻すのに
「時間がかかっている」という。ただ、「日々前進しているので諦めないことが大事ですね」とも言及。さらなる前進を誓った。
次回登板は21日(同22日)の敵地ロッキーズ戦の予定。打者有利のクアーズ・フィールドだが、結果を残したいところだ。
Full-Count編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00121701-fullcount-base
ダルビッシュ 有
(ダルビッシュ ゆう、英語: Yu Darvish、本名:ダルビッシュ・セファット・ファリード・有(ダルビッシュ セファット ファリード ゆう、英語: Sefat Farid Yu Darvish)、1986年8月16日 – )は、大阪府羽曳野市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLB・シカゴ・カブス所属。愛称はユウさん。全世界独占的マネジメント窓口はエイベックス。代理人はワッサーマン・メディア・グループ。

妻は元女子レスリング選手の山本聖子。

ダルビッシュ 有- Wikipedia


知ってる


性格悪いからどこの球団行っても嫌われて追い出される


下手くそではないよ
間違いなく技術力はある
メンタルだったり身体だったり事実と向き合えよ

続きを読む

明石家さんま、最近の若い子に苦言・・・

「怒られるのが下手」明石家さんまが抱く若い世代への不満
10日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)で、明石家さんまが、今の若い世代は「怒られるのが下手」だと指摘した。
番組では、アイドルグループ・モーニング娘。’18(ワンエイト)の飯窪春菜らが、若い世代にルールなどを教える教育係(怒り役)について、さんまと語っていた。
かつてモーニング娘。は中澤裕子、飯田圭織が教育係として後輩を指導してきた。しかし、現在は特に教育係がおらず、気が付いた人が注意する程度で、若い世代も怒られないよう気を付けているという。
すると、さんまは「怒られるのが下手になってきてるし」「今の若い子は全部、怒られるのが下手よ」と話し始めた。
さんまの世代は怒られるのがうまく、「『もう分かりました、許してください!』っていうのを心にもないのに言える」とか。怒る人がよく周りにおり、何度も怒られるうちに慣れたからだという。
だが、最近は怒られている最中に「すみません!」と謝るなど、怒られ下手な人が多いと嘆く。さんまは20~30代のマネジャーを例に挙げ、「こっちも怒りがいがない。ちゃんと最後まで話を聞いて、返事すんのは分かんねんけど、すぐ謝ったりする」「今の若い子は、他の職種でも」とボヤいていた。
http://news.livedoor.com/article/detail/14286707/
明石家さんま
(あかしやさんま、1955年7月1日 – )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、ラジオパーソナリティー。本名は杉本 高文(すぎもと たかふみ)。和歌山県東牟婁郡古座町[2](現・東牟婁郡串本町)生まれ、奈良県奈良市育ち。吉本興業所属。 元々は落語家を志して2代目笑福亭松之助の弟子となり「笑福亭さんま」という芸名でデビューするが、師匠の推薦でお笑いタレントに転向。1970年代後半から現在まで芸能界の第一線で活躍を続けている国民的お笑いスターの1人であり、タモリ・ビートたけしと並び日本のお笑いBIG3の1人に称される。

事務所は吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。節税と自身のマネージメントを目的とした個人事務所「オフィス事務所」も設けており、仕事やギャランティー管理はこちらで行っている。オフィス事務所には、ラサール石井や村上ショージ、松尾伴内らも所属している(さんまと同じく、皆それぞれに所属事務所は他に存在する)。
師匠は落語家の2代目笑福亭松之助。なお明石家の「明石」とは、松之助の本名から貰い受けている。
松之助の兄弟子にあたる6代目笑福亭松鶴の弟子の笑福亭仁鶴・笑福亭鶴光・笑福亭鶴瓶などは従兄弟弟子にあたる。
若手の頃、兄弟子の五所の家小禄と漫才、コントのコンビを組んだり、花月の舞台ではB&B(島田洋七・洋八)、西川のりお・上方よしお、ザ・ぼんち(ぼんちおさむ・里見まさと)らと、「ビールス7」というコントユニットを組んでいた時期もあった。「アトムスリム」と言う漫才コンビを組んでいた時期もある。
明石家さんま – Wikipedia


オメーらの世代が悪いんじゃね


意味不明過ぎる下手ってなんだ


おこりがいがないと言われてもな
怒られる側ってひたすら怒る側の怒りが収まるの待つしかないし


怒る方の人間性が試されていると思え

続きを読む