社会・仕事・就職

子供がなりたい職業ランキング、15年ぶりにあの職業が一位にwwwwwwwww


「大人になったらなりたいもの」のアンケート調査で、男の子は「学者・博士」が「野球選手」や「サッカー選手」を抑えて15年ぶりに1位になりました。
調査を行った生命保険会社は、日本人が3年連続でノーベル賞を受賞したことなどが影響しているのではないかと見ています。
このアンケート調査は、大手生命保険会社の第一生命が全国の保育園・幼稚園児と小学生を対象に毎年行っているもので、ことしは7月から9月にかけて寄せられた回答のうち1100人分を分析しました。
その結果、男の子は1位が「学者・博士」で8.8%、2位が「野球選手」で7.2%、3位が「サッカー選手」で6.7%となりました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180105/k10011279391000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006


学者とか修羅の道やん
大変な割に金はもらえん
そんなんに憧れるか?


学者にしても野球選手にしても食えるかどうかギリギリの人らの報道はほぼされないからね、しょうがないね


女の子も飲食、看護、保育士と修羅道に憧れているのでセーフ


そんな価値観しかないって、お前はしょーもない人間やね

続きを読む

【悲報】東京に住む20代の若者給与収入、あまりにも少ない・・・


201万台が最多数であることが判明
NHKは9月25日、「縮小ニッポンの衝撃」と題したNHKスペシャルを放映。100年近い歴史を持つ国勢調査によって、初めて人口が減少した日本の各地で今、実際に起こっている事態に迫った。
番組内では、人口の一極集中が進む東京が歩むであろう未来や、財政破綻に伴うインフラサービス縮小に悩む自治体の姿などを紹介。その陰惨たる現実を突きつけられた視聴者は放映後、インターネット上に絶望にも似たコメントなどを多数投稿していた。
< 中略>
最も多かったのは「20代の単身者」だったが、その給与収入ベースは240万円である事実が判明した。
この年収では結婚して子供を持つのが難しいため、将来の人口減の一因となることが懸念されている。さらに別の事実も明らかになった。これまでは20~24歳の年代が同区に転入して人口を増加させる一方で、25歳~39歳は結婚を機に郊外へ移転するなどして転出数の方が多かった。ただ、最新のデータでは25歳~29歳、30~34歳、35~39歳のいずれの年代でも転入超過が確認されており、明らかにこれまでの傾向とは異なっているという。
続きはサイトで
http://news.mynavi.jp/articles/2016/09/26/shrink/


そこが増えるんかw


年収低いって言われても動く気すらない奴が多いんやろ


だって上がる気せーへんもん


それよな
なんでだろうな
収入なくなって家なくなっても死ぬだけだからどうでもいいんかな


なんか子供の物欲がないのって話もあるらしいから
物欲がなくなるとこうなるんやろ

続きを読む