2018年 1月 の投稿一覧

【悲報】るろうに剣心、実写映画が放送中止に。和月伸宏の書類送検を受けての判断


●.net
原作者の書類送検を「重く受け止め…」
「チャンネルNECO」では25日夕から、3部作の実写映画「るろうに剣心」(2012年公開)『るろうに剣心 京都大火編』(2014年公開)『るろうに剣心 伝説の最期編』(同)を連続放送する予定だった。
今回の発表では、「原作者が法令違反容疑で書類送検されたことを重く受け止め、番組を変更して放送させて頂きます」と変更の理由を説明。その上で、
「ご迷惑をお掛け致しまして誠に申し訳ございませんが、ご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます」
と謝罪している。差し替え後は、「世界を魅了するニッポンの凄腕漁師」「ルパン三世vs名探偵コナンTHE MOVIE」などの4番組を放送するという。
和月さんの書類送検は11月21日に各メディアで伝えられた。集英社は同日、和月さんが「ジャンプスクエア」で連載していた「るろうに剣心―明治剣客浪漫譚・北海道編―」を当面の間休載することも明らかにしていた。
なお、今回の実写映画の放送中止を受けて、ツイッターやネット掲示板には、
「急な番組編成の変更、心中お察し致します」
「やはり、、。そうですよね」
「別に映画はいいんじゃないのかな? 過剰に反応しすぎだと思うけど…」
といった複雑な反応が漏れている。
https://www.j-cast.com/2017/11/22314689.html


しまぶーよりは処分重くならんだろ


作品は何も悪くない
過剰反応だ

続きを読む

中国人「京都って完全に中国だよね。唐の時代に栄えた洛陽のパクリだから」

京都は日本で最も「中国風」の都市だった「唐の都にタイムスリップ」=中国
京都は日本の風情が凝縮され、その美しい街並みに足を踏み入れると時代を遡ったかと思わせるほど、さまざまな歴史が保存されている。
中国人観光客にも人気のある京都について、中国メディアの今日頭条は25日、日本で最も「中国風」の都市として紹介する記事を掲載した。
なぜ記事が京都を「中国風の都市」として主張しているかと言えば、日本の文化は中国から日本にもたらされたものだからだとし、京都の歴史ある建物の多くの建築様式は唐の時代に栄えた
中国の洛陽に通ずるものがあるとした。
また、日本でも「洛」という言葉が京都を指すが、これは京都が洛陽を手本として作られた都市である名残だとしたほか、唐の時代に遡れば中国と日本はお互いに助け合う友達のような
緊密な間柄であったとし、その時代をそのままに閉じ込めた京都の街並みは中国人にとっても深い感慨を抱かせることを強調した。
こうした共通点があるゆえに、日本語が分からない中国人が京都を訪れたとしても十分にその趣を楽しめるほか、史跡に残されている漢字は中国人にとってもその意味を理解できるとし、「もし、歴史好きの中国人が唐の都にタイムスリップしたいのであれば、京都を訪れてみるように」と勧めている。
日本に対して親近感を抱く機会となるのであれば、京都を訪れてぜひ歴史体験をして欲しいものだ。

http://news.searchina.net/id/1652527?page=1


平城京、平安京などは隋や唐の首都をモデルにしたって義務教育の歴史ですら教わるぞ


大まかなデザインは参考にしたが中国語までは導入しなかった。
日本の都には日本語が似合う。中国とは違う。


ひらがなは偉大だよな


でも江戸時代中期まで公式文書は漢文だがな
かなカナは例えば秀吉や信長も使っていたけど、私文だから

続きを読む

【悲報】さかなクン、アンチのせいで体調を崩す・・・

東京海洋大客員准教授でタレントのさかなクンが29日、自身のフェイスブックで自身に否定的なコメントを見つけ「辛いですが真摯に受け止めます」
「悩みすぎたら熱が出た」などとつづり、ファンからは心配と励ましの声が2200件以上書き込まれた。
さかなクンは「うるさくてテレビ見ていても耳障り」「騒いでばかりいないで落ち着いて解説してくれ」など、ネガティブなコメントを貼り付け
38・4度を示した体温計の写真をアップ。「辛いですが真摯に受け止めます。もっと落ち着いて、頑張って生きたいと存じます。どうかよろしく
お願い致します。悩みすぎたら熱が出た。もう、休もう。お休みなさいませ」とコメントをつづった。
いつも明るいさかなクンが「悩みすぎた」とまでつづる事態に心配の声が殺到。「さかなクンが悩んでいる」「わかってくれる人はたくさんいる!」
「そんな心無い言葉を気にしてはダメです」「私も生き物を扱う仕事をしていますが、本当にさかなクンを尊敬しています」「全ての人に好かれる人なんていない」
「天敵のいない生物は多分いません」と励ましの声が2200件以上送られていた。
デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00000077-dal-ent
さかなクン
(1975年8月6日 – )は、日本の魚類学者で、タレント、イラストレーターでもある。本名は宮澤 正之(みやざわ まさゆき。父は囲碁棋士の宮沢吾朗九段。東京海洋大学名誉博士、東京海洋大学客員准教授。
東京都生まれ、神奈川県綾瀬市育ち、千葉県館山市在住。所属事務所はアナン・インターナショナル。

魚の生態や料理法についての豊富な知識で知られ、講演や著作活動などを中心に活動している。2006年に東京海洋大学客員准教授に就任。特定非営利活動法人自然のめぐみ教室海のめぐみ教室室長でもある。一般向けの講演では、広い世代に魚について理解をして欲しいと、難解な言葉を極力使わない解説や自作のイラストを用いるなどの工夫を心掛けている。また、タレントとしても活動の幅を広げている。
中学校3年生のときに学校で飼育していたカブトガニ19個体の人工孵化に成功した。カブトガニの人工孵化は非常に珍しく、新聞にも取り上げられた。「水槽が狭くてかわいそうだなあ」という理由で決まった時間に外に出していたら、カブトガニがそれを潮の満ち引きと誤認したのが原因だという。

1993年、高校3年生の時にテレビ東京系のバラエティ番組『TVチャンピオン』の「第3回全国魚通選手権」で準優勝したことを皮切りに、その後同番組で5連覇を達成し、殿堂入りを果たす。その後は、同番組の問題用イラストを提供したり、スタジオゲストや判定員、時には挑戦者の相手役兼審判にまわって魚通選手権に登場した。現在の芸名である「さかなクン」は同番組でラウンドMC(リポーター)を務めていた中村有志が名づけた。学校での愛称は「さかなチャン」および「博士」だった。高校3年生から出演していたTVチャンピオン時代には既に現在のキャラクターと変わらず、少し緊張していたが、正解すると子供のように感情を表に出して元気に飛び跳ねながら甲高い声で明るく喋る姿で人気を博した。当時は現在のトレードマークである帽子は被っておらず、初登場時の姿は高校の詰襟制服だった。

2006年、東京海洋大学客員准教授に就任する。小学校の卒業文集に将来の夢として「水産大学の先生になることです。研究したことを、いろいろみんなに伝えてあげたいからです」と書いており、東京海洋大学の前身の一つは東京水産大学なので、夢を叶えたことになる。
2010年には京都大学教授の中坊徹次の依頼でクニマスのイラスト執筆を担当した際にクニマスに似た特徴をもつ西湖の個体を提示したことがきっかけとなり、田沢湖のクニマスが西湖で生存していることが判明]。絶滅種とされていたクニマスの再発見(レッドリストでの「絶滅」から「野生絶滅」への指定変更)に大きく貢献した(詳しくはクニマスを参照)。2010年12月22日に、翌日の天皇誕生日を控えて行われた今上天皇の記者会見で、同じ魚類学者であるさかなクンらの名を挙げて[14]「この度のクニマス発見に東京海洋大学客員准教授さかなクン始め多くの人々が関わり、協力したことをうれしく思います」と述べたことについて、本人は別途行われた記者会見で「感慨無量です」とのコメントをしている。
また、海に関する研究や啓蒙活動に貢献した「海洋立国推進功労者」として、2012年7月13日に内閣総理大臣賞を受賞した。

2015年3月18日に東京海洋大学から名誉博士の称号が授与され、都内で名誉博士称号授与式が行われた[15]。
さかなクン – Wikipedia


さかなクンの持つキャラクターと雰囲気で
消 え た り 潰 れ る 程度のキャラしかない芸能人のファンかな
あれっ?って時あるよねw


むしろさかなクンの強烈なキャラに対抗できる芸能人って誰だよ


平野レミ


松居一代


そりゃ徹子だろう(´・ω・`)

続きを読む

【画像】大食いタレント・もえのあずきさん(29)の朝食の量wwwwwww

もえのあずき? @moeazukitty
朝ごはん。


もえの あずき
(1988年2月1日 – )は、日本の女性アイドルグループ・「エラバレシ」メンバー、大食いタレント、テレビ東京「元祖!大食い王決定戦」5代目爆食女王(三連覇)、グルメユニット「食べあるキング」メンバー、2016台湾夏の美食大使、「NEXCO東日本 SA・PAグルメアンバサダー」、2017ベストカレーパニスト。
大阪府出身。身長156cm。血液型はB型。同志社大学卒業。愛称は「もえあず」。

東京・秋葉原にあるアイドル育成型エンターテインメント・カフェ「AKIHABARAバックステージpass」で時給1,000円で働くカフェ・キャストから選ばれ、アイドル・キャストとして活動を開始。
セレブ出身の「セレブ・アイドル」として知られ、本人のブログによると、自宅は8億2,000万円、趣味は株式投資、旅行はヘリコプターを使用、ディズニーランドでは特別待遇など詳細を披露。食事は1日4食で、好きな食べ物はフランス料理・大トロ・焼き肉。
2014年1月にテレビ東京系列で放送された『元祖!大食い王決定戦〜全国縦断!新女王発掘戦〜』では、大阪出身ではあるが青森大会の地方予選に参加して優勝し、東京で行われた決勝戦に進んだ。
2014年3月30日放送『元祖!大食い王決定戦〜爆食ニューヒロイン誕生戦〜』には、番組推薦枠を賭けた戦いに勝って本戦に出場。ハワイで行われた決勝戦まで進み、第3位になった。
テレビ東京製作のバラエティ番組『腹ペコ!なでしこグルメ旅』では、2014年4月期以降、準レギュラーとしてたびたび出演している。
阪神タイガースのファンで、甲子園球場でビールの売り子バイトをしていた事があった。今でも「MOEAZU」と書かれた、自分の誕生日の2月1日にかけた背番号21の応援ユニフォームを着て観戦に行くことがある。
資格取得に熱心で、野菜ソムリエ・フードアナリスト4級・日本さかな検定・うどん検定3級など食べ物に関するものが多いが、他にも一級小型船舶操縦免許・秘書検定などの実用的な物から、伊賀忍者検定3級・カッパ捕獲許可書などネタ的なものまで幅広く取得している。これらの資格は全て一発合格している。日本さかな検定を受験した際、取材に来ていたニコニコ生放送「釣りマニア」という番組のインタビューを受け、プライベートで取材を受けたため、アイドル活動をしていることや名前等を言うことなく、一般の受験者として放送された。
ブログは2013年以降1日1回は必ず更新している。2014年4月から、Amebaオフィシャルとなり、本人曰く「9割が食べ物の話題」であり、どんな話題の内容でも必ず何か一つ飲食物の情報を書いている。
もえのあずき – Wikipedia


もえのあずきさん



ギャル曽根とかもそうだけど
一体マジでどういう体してるの?
研究機関で研究とかされないの?


もえのは知らんがギャル曽根は一応解析はされてる
一般人との違いとしては胃の膨らみ具合と体温の高さと腸内細菌の異常な多さ
3つ目は最近よく言われる腸内フローラと通じるものがあるんじゃないか
赤ん坊のときが最も多くて成長につれどんどん減っていくけど
ギャル曽根はそれが減ってないらしい


栄養の過剰摂取は生命の危機なので自律神経が働いて胃腸の動きが活発になり
未消化のままどんどん送り出し腸で吸収されない
いつだかCTスキャンかけたまま大食いさせたら医者も見たことない胃腸の動きでそういう仮説になった
金にもならないしちゃんと研究もされてないんだろうな


意図的に胃腸をそういう動きにさせる薬を作れれば
究極のダイエット薬として世界中で大儲けできるから
もし研究できるならやる価値ありそうだけどなぁ

続きを読む

「サザエさん」の新スポンサー決定、こりゃ高須も負けるわ

東芝が経営合理化を理由に3月末で降板する国民的アニメ「サザエさん」の新スポンサーに、インターネット通販大手
アマゾンジャパンやベビー用品専門店の西松屋チェーン、大和ハウス工業
が決まったことが30日、分かった。
日曜日の夜に家族がそろって楽しめる人気番組で、いずれも提供企業に加わることでイメージアップなどの宣伝効果を
期待している。
入札が行われ、10社近くの参加企業から選定された。真っ先に名乗りを上げた美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長は
短文投稿サイトのツイッターを更新し、「奮闘努力のかいもなく大企業の皆さんに力負けした」と悔しがった。

https://this.kiji.is/331060325627593825?c=39546741839462401


こりゃー高須負けちゃうわ、どんまい…


なんで・・・なんでダイワなんだ・・・!


えぇー!?インターネットを買ったのかい!?

続きを読む

【悲報】声優・竹達彩奈さん(28)、欲求不満にて変なアピールをしてしまうwwwwwwww

竹達 彩奈認証済みアカウント @Ayana_take 9時間9時間前
あんしんしてください!はいてますよ!


いい加減、誰か結婚してやれよw


いつまでこんなことするの?


そりゃ履いてるだろガイジじゃねえんだから


黒コンとアプリ修正で顔の原型無くて草


誰やコイツ

続きを読む

遠距離恋愛中の初彼女に浮気されたwwwwwwww

浮気され一人で夜を過ごしてる俺に構ってください


遠距離だったけどいつも連絡してたからすごい寂しいんだよ


遠距離で久しぶりのデートでどこ行くかわくわく考えて宿予約してる時
浮気してたんだぜ? 女の子信じられないわ


やっぱり女って信じられん


写真も動画も消して荷物も返したが
思い出が多すぎて思い出して苦しいんじゃ

続きを読む